【逸話】ジョブズが語る「女性の口説き方」とは

美容サロンの経営のヒント。接客時の雑学など、平日毎日配信の美容ディーラー美好屋の『美好屋トピックス』は、美容サロンの経営、接客などに必要な知識や、雑学が無料で学べます。

本日はジョブズの言葉から商売を学びます。

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルがバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?その時点で君の負けだ。その女性が何を望んでいるかを見極めることが重要なんだ」

Appleの創業者、スティーブ・ジョブズは、女性の口説き方について、こう答えたと言われています。とても考えさせられる言葉ですよね。

身近な良い例はありませんが、例えば、、、「俺、他の人より収入高いから」なんて言っても、魅力的な女性は、もっと収入の高い人と出会っていますし、ご飯も行っています。そういうアピールで、女性を口説くのは至難の業なわけです。

「より良い」では口説けない

女性の口説き方については、この辺りまでにしておいて、、、この話を紹介した理由は、ビジネスでも同じ話だと思ったからです。

「うちの商品は、あちらの商品よりも良いですよ!」という風にアピールをしても、お客さんの欲しい気持ちを作ることにはつながりません。

昔、ある男が家電量販店で、ビデオカメラの店頭販売をしていた時の話。

当時のビデオカメラのアピールとは…

当時、ビデオカメラは「Sony」,「Canon」,
「Panasonic」など多くのメーカーがシノギを削っていました。私は「Panasonic」の販売担当です。

この頃は、「画素数」やら「手ブレ機能」などの性能が上がっていた時で、どの会社もそこをアピールをしあっていたんです。しかし、その性能を比べても 、どんぐ りの背比べでした。お客さんも、その性能の違いがわからなかったんです。

説明していた私も、流石に「この説明、全然響いてないな」と感じていました。なので、やり方を変えることにしたんです。「お客さんがなぜビデオカメラを買いたいと思っているのか?」そのことを考えていきました。そうしたら、、、

子供の成長記録・思い出を残すため

これが、ビデオカメラを買いに来る1番の理由だと気づいたんです。答えがわかると、当たり前っちゃ当たり前なんですが、必死に商品を売ろうとしてると気づかなかったりします。

要は、自分の言いたいコトばかりを考えていまって、肝心のお客さんのことを考えられていない状態です。

そして、私はある子供の一大イベントに注目しました。

運動会・卒業式・入学式

理由は、Panasonicが、このイベントにおいては他の競合より優れている点が1つだけあったからです。それはズーム機能です。実は、当時のPanasonicは40倍までズームすることができました。ズームすると、手ブレがひどいと思いきや、独自の技術でズームの手ぶれがかなり抑えられるようになっていました。

なので、私は、このズーム機能と運動会や入学式などのイベントに注目をして、セールスをしていたんです。

例えば、運動会なら、、、
「お子さんが活躍しているところを、どんなに遠くからでも、きちんとビデオで撮ることができますよ。場所取りも大変だと思いますが、このPanasonicのカメラなら、遠いところでもきちんとお子さんを撮ることができます。」

卒業式・入学式なら、、、
「卒業式では、子さんと席が離れたりしますよね。そうしうたら、お子さんをカメラにおさめることができません。Panasonicのカメラなら、このズーム機能を使って、卒業証書を受け取っている姿を、まるで近くにいるようにビデオにおさめることができますよ。おじいちゃんやおばあ ちゃんに見せたら、とても喜ぶと思いますよ」

というような、こんなアピールをしました。このように、お客さんが使うシーン、お客さんが求めていることを考え、そして競合と違うアピールで勝負していたんです。


結果、その家電量販店でPanasonicが販売数1位に

当たり前の話ですが、こういう家電の販売は、販売数が管理されています。ビデオカメラは、どの会社のものが1番売れているかなどはすぐにわかります。私がこのアピールに切り替えたら、面白いように売れていきました。

結果、その家電屋さんでは、Panasonicが一位になりました。あとで会社の人から教えてもらったら、どうやら私の販売数は県内で3位だったようです。当時担当していたのが郊外の家電屋さんでした。

お客さんが何を望んでいるかを見極めることが重要

「美しい女性を口説こうと思った時、ライバルがバラの花を10本贈ったら、君は15本贈るかい?その時点で君の負けだ。その女性が何を望んでいるかを見極めることが重要なんだ」

まさに、ジョブズが言った通りですね。

「より良い」でアピールするのではなく、「お客さんが望むことを実現できる」とアピールしてみましょう。そうすれば 、自ずと売上や販売数というのは上がっていくはずです。ぜひ、考えてみてください。あなたのお客さんが望んていることは何か?

この記事をお読みの方におすすめ記事

【逸話】小学生の孫正義が喫茶店に行列を作った話し

ビジネスのヒント。ヒットの裏側。話題のリアムール、リアボーテの取り扱いもこちらから。

【新発想】足さないトリートメント『ドダイスイニチトリートメント』って??

話題の最新サロントリートメント紹介。 リアムール、リアボーテの取り扱いもこちらから。

リアムール正規代理店の美好屋商店は、あなたのサロン経営を強力にバックアップ致します。

リアムール、リアボーテをはじめとした【圧倒的な製品力の商品】で業務メニューから店販品の販売力を高め、美容業界にとどまらない様々な業界の成功事例をもとに経営全体をサポートさせて頂きます。

さらにサロン経営のデジタル化までしっかりお手伝いさせて頂きます。

サロン経営でのお悩みはお気軽に記事最後の問合せフォームからお問い合わせください。

コメントを残す